少子化や非婚化が影響する故郷のお墓放棄

墓花

地方育ちの人が都会で就職し、家庭を持ってしまうと故郷へ帰る機会が減ってしまい、先祖のお墓が雑草だらけになってしまう話題が以前からマスコミで報道されています。1年に1,2回、故郷の墓参りに要する時間だけでなく寺院や霊園に掃除してもらう費用も気になるようです。結果的にお墓の世話を放棄しているわけです。こうした風潮の背景には豊かな生活を自由に送れる時代になり、多くの家庭で少子化が進んだり、結婚しない子供の増加してきた事情が加わっているようです。中でも、こうした少子化や非婚化が続いてきて各家庭に世継ぎのいなくなるケースの増えてきたことが深刻だと考えられています。高齢になって身寄りが殆どいない人が死後のことを周囲に頼れず、生きているうちに自分がけじめをつけないと考えて墓じまいを急ぐようです。

先祖や自分が無縁仏化するのを心配する境遇

こうした考え方は先祖のお墓を引き継ぐ人がいなくなってきた近年の社会的風潮と捉えられています。少子化等、家族のライフスタイルの変貌は今後も続くので従来通りの考え方では寺院や霊園に荒れたお墓の増加が避けられないようです。こうした心配を強く意識する人が自分の五体満足なうちに自分の亡くなった後、無縁仏化を避けようと行動し始めているわけです。そこで、寺院や霊園に管理委託し、先祖代々の遺骨を他の人たちと一緒に共同墓地に合祀して永代供養してもらおうと考え、費用をかけて墓じまい進めています。墓じまいの中には先祖の遺骨と共に自分の亡くなった後で樹木葬や海洋葬等に託すケースもあるようです。

追われるように元気なうちに準備する高齢者

墓じまいはお墓を掘り起こして、すべての遺骨を取り出すわけですから地元行政に改葬手続きをして認可を受ける必要があります。カロートに収まっている先祖の遺骨を取り出して永代供養するため別の埋葬先へ移動するには御霊抜きの法要をする必要もあり、いずれの作業にも費用がかかります。遺骨を永代供養墓へ移動後、墓石を解体、撤去して更地化する作業にも多くの費用がかかります。このように墓じまいしようとすると行政手続きから遺骨の移動や墓石の解体、墓地の更地化まで一連の作業には労力と時間がかかり、高齢になってから個人ではやれません。こうして、身寄りのいない人は費用がかかっても元気なうちに墓じまいをしようとするわけです。