自ら行う掃除の特徴

女性

自分で仏壇掃除をする方法として、日々の掃除と全仏具を取り出して行う大がかりな掃除に分類できます。日々の掃除でなら、仏具の不具合に早々と気付き、補修や修理、買い替えなどによる供養ができます。仏壇掃除では、用いる用品も異なります。毛バタキはホコリを払うために用いるのが特徴で、やわらかいクロスは汚れや指紋を拭き取るために使用します。仏具は種類も多く、素材も様々ですから使い分けましょう。自分でなら、ホコリや目立つ汚れを取る程度で十分ですが、正月や盆、彼岸時期においては専門業者に依頼し、適した仏壇掃除を任せましょう。というのも、年に1度あるかないかという掃除ともなれば、汚れも蓄積し、水拭きが必要です。下手に扱えば、ツヤがなくなったり、仏壇は湿気が大敵ですから、そうした知識と技術は専門業者に軍配が上がります。

素材の知識があるから利用

お経

デザインが古くさいからといって、仏壇を買い替えることはマレで、長年使用するために、傷みや汚れが目立つようになります。宗教によっては仏壇本体の造りも複雑で、素材や技術によっては高価なものもあり、そのような場合には仏壇掃除を担う専門クリーニング業者を利用しています。安全試験をクリアした薬品(洗剤)を使用するため、新品のように生まれ変わります。基本、伝統型仏壇も家具調仏壇も手入れは同じですが、金仏壇の場合は金箔が剥がれないように慎重な手入れが必要です。また、唐木や漆の仏壇掃除では、水分で割れやすくなったり、指紋がつきやすいため、指紋を残さないよう、上塗りされた表面の汚れを除去し、磨き上げてくれます。

仏壇のみならず周りも掃除

清掃用品

ご先祖さまの供養のため、線香やろうそくを使うことが日常的で、仏壇掃除では天井のスス落としまで行ってくれる、そうした専門業者を活用することまでできます。また、仏壇掃除は費用も気になるはず、下地からやり直すのではなく、表面の金箔のみを貼り替える、あるいは傷んだところ、気になるところだけをクリーニングしてもらうこともできます。仏壇本体のみなのか、仏具のみ、セットなのか、その分だけ安価に仕上げてもらえます。葬儀後、故人のために仏壇一式揃える際、定期的にクリーニングサービスを盛り込むこともできます。また、経年により破損した場合に、同じ仏具に買い替えるなど、購入からメンテナンスまで一貫したサービスならば、より利用しやすいのではないでしょうか。また、個人のみならず、こうしたクリーニング業者は寺院などでの実績が豊富にあります。仏壇や仏具の掃除のみならず、霊園などにおいて墓石の掃除まで担ってくれる可能性も大いにありますから、一度相談してみましょう。